2017-07

★ 勝利の方程式、だゾ ★ - 2015.02.23 Mon


今日も今日とて……。

さてさて、大海戦最終日。
こばと様はぴかちゃん・ミニュちゃんと共に独立工作部隊として参加してきました^^

くちん2

個人的な戦功はこんなカンジ。
以下、自分なりの見解としての最終日を振り返ってみたいと思います^^




まず、初日・二日目と共に要塞は陥落せず、ポイントでやや劣勢になっていてたネーデル軍。
小型・中型と優位に運ぶも、大型の戦功で差を付けられていた・・・という事は、やはりヴェネ・イング勢の精鋭強し! というところなのだろうか?(この辺りの判断はこばと様では難しい^-^:)
そして、ネーデル軍としての戦略を今回は全く知らないのですが、三日目の戦闘状況として、

ネーデル攻めはスラバヤ
ヴェネ攻めはアンボイナ・ルン・ディリ

となっていたのか? とくにディリはかなりの猛攻を受けてハラハラドキドキの展開。
こばと様予想ではバンジェルマシンが攻められると予想していたが、司令の近いアンボ・ルン・ディリ攻めと言うことだったようです。

さて、この状況を踏まえて・・・要塞攻防に置いて、主戦場がバンダ海に集中。ネーデル軍はディリを中心とした防衛を余儀なくされたわけだが・・・

★今回、参加人数的にはどのようなカンジだったのだろうか?

連盟が三国だからネーデル軍が数の差で押せると思っていたが、そういう訳でもなかったのかな?
これは個人的見解だが、要塞戦において、一度主導権(攻め>守り)を取られると、その主導権を取り返すのは困難である。攻めてくる相手に対して、構築・構築・構築ぅぅぅぅ! で、最後まで【なんとか凌ぎ切ろう!】的な流れになってしまう。
そもそも攻め手はあと一歩まで追い詰めても相手の超回復でこころが折られる事もあるがww回復された所で±0である。それらに対して守り側は【陥落したらアウト】の一発勝負なのである。
精神的プレッシャーは段違いだ。
よって、要塞戦でもっとも重要なのが、どっちが先に主導権を取れるかになってくると思う。

全体の流れを完全に把握しているわけではないが、ネーデル軍のスラバヤ攻略に関して、スタートダッシュでどれだけのプレッシャーを相手陣営に与えられたのだろうか?
ワー茶からのディリ支援乞う! の要請は何度も聞いたが、スラバヤ砲撃いけます! の報はなかったようにも思う。
つまり、完全に主導権を取られてしまったわけだ。

★ではなぜ?

対人部隊の主戦場はスラバヤ前だったようにも思うが、バンダ海にも広がっていたのだろうか?(こばと部隊は完全にジャワ海にしかいなかったのでちと詳しくは判らないのですが^-^:)
対人部隊がスラバヤ前で激戦してくれている中、ワー茶からはディリ前に5~6艦隊! という報もあったように思う。今回、それだけの人数差があったということか?
波状攻撃で要塞を攻め続けられ、それでも守り切ったネーデル軍の構築部隊の活躍はまさにお見事! の一言に尽きよう。
しかしそれでも・・・ここで何故? という疑問が湧いてくるのである。何故、スラバヤ攻めという主導権を取れなかったのか? と。
数の差・・・と言ってしまえばそれだけなのかも知れない(実際に戦力差があったと仮定して)。
だが、もし仮に戦略的な事が原因で主導権を取れなかったのだとしたら・・・この原因解明は今後に繋がる大きな糧となると思う^^

要塞戦は主導権を取れるかどうか? そして、

攻めなければ主導権は取れない

というのが、私の見解である。
攻めに人員割いてたらとっくに味方要塞が陥落してるわ、このボケがぁっ! トーシローは黙っとけ! とお叱りを受けてしまうかもしれませんが^-^:

そのお叱りを覚悟の上で、やはりこれは常々言ってきた、ネーデル正規軍ではない【独立攻撃部隊】が必要不可欠となってくると思うのである。
実際、海戦におけるこの部隊の設立は私の夢のひとつである。が、

海戦以外にもいろいろ手を出し過ぎて

ぶっちゃけ、手が足りないのですww
今回も大恩あるネーデル軍・ならびにネーデル指揮官さんの為に立ち上がるべきなのだが、参加できたのは最終日のみ。海戦以外のイベントも私にとっては同じくらい大切なものであるため被ると外すことは考えにくいし、ゆえに、独立部隊員を募集しておいて(集るかは別としてww)、発案者の都合で【私の参加は最終日だけねっ】とはなかなか言えないんですよね^-^:
よって、行動できるのはだいたいぴかちゃんを拉致ったときだけの2~3人部隊がせいぜいなのであるww
さて、それでも独立部隊として今回は3人艦隊を組み、こばと様も出陣したわけですが、こばと様の狙いは、

独立部隊がクチンを強襲! 相手戦力を分散させ、ネーデル軍のメインターゲット攻略をサポートする! だったわけです。その戦略に従い、開幕司令を受けてクチンへ! まずは安全砲撃可能レベルまで要塞攻撃力を落とすことに!

ここで今回の収穫!(え!今更? と思われるかもしれませんが^-^:)

私、工作コンボの【攻撃力低下】と【攻撃力減少】を完全に勘違いしてましたww
攻撃力減少:(補正スキル:"罠"スキル5) 粘着油 + 強力粘着油 + 大蜘蛛の油
を3人で狙っていたのですが、これってコンボが成立しても【一定時間】攻撃力がおちるだけなんですよねww 素のアイテム効果は耐久減少なので効果時間が切れたらもう一撃死なわけですww
ちなみに成立したら砲撃はダメ30くらいしかくらいません。
真っ先に狙うべきは、5人艦隊なら、
攻撃力低下:(補正スキル:"投てき"スキル5)列火薬 + 火炎壷 + 投てき用たいまつ + 業火たいまつ + アグニの火棒
一度の成功でもう安全砲撃レベルにまで要塞攻撃力を落とせます。
ちなみに3人艦隊で火炎壺を3人で投下した場合、2往復もすればもうだいたい安全。これ以上攻撃力を落としている暇はない!ww

その後、安全レベルまで攻撃力をおとしたら、防御削りに移行。狙うは、
防御力低下:(補正スキル:"罠"スキル5) 仕込み爆弾 + 轟音弾 + 特殊榴弾
なわけです。
もちろんクチンへの工作はこばと隊だけではありません。何度かすれ違った艦隊さんもいらっしゃいました。それでも、たった1艦隊の工作で、

くちん

防御は半分くらいは減らせます。防御低下コンボははっきりいってかなり効果的!3人で2往復して成功させればほら、この通り! みたいな^^
相手にプレッシャーを与えるために、防御が半分くらいになったら一旦ピヨ狙いして成功したら砲撃開始! もやっていましたが、所詮砲撃は1艦隊・・・なんとなくプレッシャーを与えていないかな? という事で更なる防御落としを狙うも、やはり、司令を受けて戻ってくる間には防御値が回復されている・・・の繰り返し^-^:

1工作隊に対して、相手構築隊は1で十分と言う図式から、やはり1艦隊では相手にプレッシャーを与える事はできなかったか^-^:
実際、防御半分削ってピヨらせて砲撃しても、防衛部隊が攻めてくる事はなかったww
またジャワ海の司令部には②艦隊くらいの封鎖隊が常駐していたので、なかなか司令を受ける事も敵わず^-^: しかし、

1工作隊に対して、1構築隊という図式をどう判断するか? が重要である。
こばと隊がクチンを攻める事で、1艦隊とはいえ相手も構築に入り、フリーにはしてくれないのである。もしこばと隊もしくは別働隊がクチンをまったく攻めていなかったらこの1構築隊はバンダ海に侵攻して工作隊として猛威を振るったのかもしれない。
相手を攻めて、味方を楽にする・・・これがこばと理論である・・・というか、私はこの理論を信じて我が道を進む!ww
途中、海戦経験者のミニュちゃんからディリ構築も視野に・・・という指示を受けたが、そこはこばと理論に基づき却下させていただいた。

もっと相手を引きつけられるか? と思っていたがこれは私の考えが浅く、相手を引きつけるまでにはいかなかったが、収穫として、

連携を組める3人艦隊がもう一ついてくれれば・・・と思わなくもなかった。
1艦隊での工作でも上図の通りである(構築回復されつつも)。これが②艦隊になれば・・・効果的に2倍の戦力ではなく、3倍・4倍の脅威になり得たのではないだろうか?
そして、2艦隊での防御落としが成功すれば相手も当然注意を向けざるを得ないし、状況によっては一気に主導権を取り返せるチャンスも生まれるのではないだろうか?

とはいえ、口にするのはなんでも簡単で、実際には思う通りにはいってくれない^-^:
工作隊として参加するようになってから、まだ実績なんてひとつも上げられてない^-^: 毎回毎回失敗の繰り返しである・・・が、毎回自分なりに考えて、経験値は高まって来てると思っている。なにより、

自分で考え・行動し・成果をあげる

って楽しいですよね^^
性格が捻くれているのでセオリーとかは無視しがちですがっっww
今回も己の無力さを痛感して海戦でした^-^: まだまだがんばらないいと!

★押してくれると嬉しいな★


スポンサーサイト

● COMMENT ●

参加のスタンスは毎回変わって良いんじゃないかしらん。
少数で出来ること、大人数で出来る事にも差があるので、毎度の集まったメンツで出来る事を試していくってのは良いスタイルと思うます。
3日フルだと疲労も貯まるしw
他のメンバーも自立してる人間なので、フリーな時間帯はそれぞれやりたい事をやるでしょう。
と、いいながら毎度フル参戦してる系商会長より。

海戦お疲れ様でした

私見ですが、工作隊と構築隊の作業量というのは=ではないと考えています.
工作隊の数回の仕事を構築隊は1回の仕事で塗りつぶせるかと.

相手の作業量に対して、それを飽和しうる数というのは戦況によりけりだと思うので
明確にこれだけあればおkとは言い難いところ.

鯖統合以降、要塞陥落のケースは何件かあったと思いますがそれは
「兵力に優る側がゴリ押した」
というだけで、戦略的戦術的な動きによるものはまだないんですよね.

兵力・戦力の劣勢を跳ね返して要塞陥落を狙えるようになりたいものです(๑´ڡ`๑)

急な参加お願いを快諾して頂き、ありがとうございました。

過去の苦い経験や悔しさや性格的な部分もありまして、
どーーしても自軍要塞のピンチは見過ごせません。
(余計なコメントが多かったのは反省しております。ゴメンナサイ)

独立遊撃隊の役目があるとしても、攻めなければ主導権が取れないとしても、
今回のような均衡状態で先に自軍要塞が落ちたら、そのままズルズルと負けます。
効果的な攻め・状況をひっくり返す奇襲をするのが工作部隊でもありますが
開始前にお願いした構築用バザーなど、「守りの戦略」も考える価値があります。

考えがぶつかる場面もあると思いますが、またご一緒させてください^^

イザさん^^

お疲れ様でした!
またしても無力でした^-^:
本来なら海戦が勃発した段階で、こうこうこういう作戦を独立部隊として立案しました! 一緒に戦ってくれる方募集! みたなカンジで告知できればいいのですが、

な・に・ぶ・ん 人見知りなもので、そういう募集ができないんですよ^-^:
しかも立案する作戦も、自分勝手なものが多いですし^-^:
理想は海戦毎に集結する固定メンバーなんですが・・・これを言い始めてどれくらい時間が経った?ww
それでも相も変わらず何かを考えたりするのは好きなので(得意なのではなく好きなだけ)これからも情報を集めつつ、参加できる時は楽しんでいきたいと思ってます^^

ばるなばさん^^

今回もまた無力でしたtTT
たしかに工作と構築の戦力を=で計るのは難しいところではありますよね^^
要塞陥落の例が【兵力によるごり押し】で、戦略的な功績がまだない・・・というのは私的には、

よっしゃ!

と思いたい所で心躍りますね!
まだ何も実績のない私が自らの戦略によって数的不利をはねのけ要塞を陥落させることができれば・・・海戦に私の名が残るか!?(大袈裟ww)
将棋でもチェスでも劣勢を一気に跳ね返す一手というのもありますし、どんな不利な状態でもその隙を見逃さず、また、その隙を作りだす先見の明を磨いていきたいものです^^ 毎回、独りよがりな考察にコメントいただきありがとうございます^^

ミニュちゃん^-^

海戦お疲れ様!
海戦の楽しみ方って人それぞれで、同じ陣営でも考え方も違い、その違いを体験できるのも私の楽しみの一つなのです^^
過去の考察でもなんども書いているのですが、
【勝利の基準】
もその考え方・行動に関わってくると思うのですよ^^
全体としての戦功として勝利・要塞を守り抜く・この要塞だけは絶対に落とす・・・などなど。
一般的には三日間の戦功のトータルとしての勝ち負けが【勝った・負けた】の基準になっているのか?
でも、どちらかというと私は【自分の定めた目標が達成できたかどうか?】が最も大事で、今回は【クチンを奇襲することでネーデル軍の第一目標のサポート】を趣旨として動いてました^^
そういう意味からも今回は私の目標は達成できませんでしたし、当然、参加したみなさんの活躍あってこその私の目標達成にも繋がるのですが、

攻めて守る

が私の目指すスタイルであります^^
そして独立攻撃隊というジャンルを何度も口にしているのは、あくまで正規軍ではない戦力外の部隊の存在を確立させたいと考えているからです^^
味方がちょー劣勢時に頑張って構築してくれている人に攻撃に回ってよ! なんて言えるはずもないですし(そもそも勝利の基準がわからないとそういえるはずもなく)。

独立というのを強調しているのは、基本戦略とは別のベクトルで動いている部隊の動きを利用できるなら自由に利用してください! ってニュアンスなんですよ^^
味方陣営とし参加している以上、トータルで負ければ悔しい・要塞が陥落すれば悔しい、それは私も同じです^^
まぁ、なんというか・・・協調性がないと言われればそれまでですが^-^:

要塞が落ちたらズルズルと負けてしまう・・・守りの戦略、とてもいい戦略と思います^^ そういう考えがあって、今回、要塞は陥落しなかった! まさにその通り!!
正規軍として動く・動く意思がある中では、状況に応じた対応は必要不可欠な判断ですよね^^

ただ、私はやっぱり性格的にも正規軍としては動けない^-^:(どんだけ捻くれてるんだ^-^:)
あくまで独立した部隊として、人知れず陰で動いて去っていく・・・そんな存在になりたいww
あ、ちなみに最後の記念撮影に絶対参加しないのはこの美意識からでもありますww

なんか上手く言葉に出来ませんが・・・一度海戦からは完全に引退し、もう関わる事もないだろうと思っていたのが、工作と言う楽しみを見つけてまた戻ってきました。
今は海戦における自分の楽しさをとことん追求していきたいと思っています^^

先にも言いましたが、考え方が違えばぶつかる事もあるでしょう。でも、だから面白いんですよね!(あ、こんな書き方するとこのコメント呼んでる人は、今回ご一緒してミニュちゃんと揉め事でもあったのか? とおもわけてしまうか?ww そんなことはありませんのでww)

これからもまたご一緒できる事もあるでしょうし、互い自分の考えをぶつけながら、楽しんでいきましょー!^^

連投失礼します!
揉め事と読み間違うような書き方してすみません(あわあわ)

工作は一通り覚えて余裕が出て海戦全体の戦況が見えるようになると
本文で仰る通り「自分で考え、行動する」のが楽しくなってきます。
ゲームとはいえ他人も動かす戦略ですし、私も考えるの好きなので全力で考えます。
そういう提案に対し、なぁなぁでなく自分と同じ熱量で考え返してくれるのは
新たなる発想に繋がりすごく面白いし、何より嬉しいです!

こばとさんはどんな考えも真摯に受け止めて下さるので
調子にのって海戦後に関係ない件についてもワーワー言ってしまいましたw
↑ここの部分について私あほだな~と反省を…^^:

ミニュちゃん^^

連投ありがとうございます!^^
何かの議題について話し合うのって、本当に楽しいですよね^^
自分の考えを相手にぶつける、相手の考えをぶつけられる、それで生まれる新たな発見も^^
私は我が強いので自分の考えをなかなか曲げようとはしませんが、その一方で相手の考えを否定することもありません。
私はこう考える、でもこの人はこう考えているのか、と^^
何度か工作を体験し、自分の考え・目指すべき戦略が固まりつつあるなか、本気で自分の考えをぶつけてくれる人は、私にとってはとてもありがたい存在であります^^
もちろん、海戦以外の事でも、ね^^
これからもどんどん語り合って海戦にこの人あり! とみんなが認めてくれるようがんばっていきましょー^^


管理者にだけ表示を許可する

★ 二月の予定、だゾ ★ «  | BLOG TOP |  » ★ 初めての強運、だゾ ★

プロフィール

タマゴ

Author:タマゴ
活動場所 B鯖 ヴェネチア
所属商会 ★たまご倶楽部★

冒険&収奪メインで航海中。最近は出番がめっきり少なくなってますww

最新記事

最新コメント

FC2ブログランキング

★ 押してくれると嬉しいな ★

FC2Blog Ranking

カテゴリ

未分類 (564)
こばと劇場 (692)
愉快な仲間達 (8)
★真桜日記★ (46)
寸劇 (21)
沈没船 (16)
動画 (3)
★聖地巡礼★ (25)
企画モノ (9)
★こば模擬★ (1)
★マル秘ノート★ (19)
★ナポリ陸戦練習会★ (1)
★ PT勝ち抜き戦 仕様 ★ (1)
★大海戦★ (13)
こみP (47)
★ 陸戦動画 ★ (3)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター