2017-11

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★ 広さに惑わされるな! だゾ ★ - 2015.02.16 Mon


今日も今日とて……。

さてさて、大海戦です!
今回は 攻撃ヴェネVS防衛ネーデル という組み合わせのようです。

ヴェネ・イング VS ネデ・ポル・オスマン 

という状況で、勢力的にはネデ有利といったカンジなのでしょうか?

東南アジア


旗が変わらなければ勢力図はこんなカンジ。
共に要塞が5-5。

ふむ・・・この情報を元に自分に何ができるか考えてみよう^^




もっかいここに地図を。

東南アジア

まずは基本戦略をどうするのか?(ネデ視点です)

地図を考慮すると、味方陣営がパンダ海寄りなので好守を考えると攻めるならスラバヤ一択になりそうか?
これがネーデル軍としてのスタンダードな一手となりそうだが・・・こばと様は独立部隊である!(隊員2人ww)
よって、こばと軍師の動きはこうだ!

主軸部隊はパンダ防衛に意識を置きつつスラバヤから進撃するものと仮定し、戦力外の独立部隊がクチンを牽制する!
マラッカではなくクチンを目標にしたのは立地的なことと【イング領】であるというのが大きい。
味方の要塞をお借りしておいて陥落させたとあっては言葉もない・・・ちょっとした牽制でも最善を尽くそうと兵力が分散されるのではないか? と予想。
もし手薄ならそのまま落としたい所だが、独立部隊がどれだの規模として編成できるかによるだろうか? とはいえ、クチン牽制はあくまでスラバヤ攻略の補助と考えてもいいだろう。


防衛に関しては対極図としてパンジェルマシンが一番狙われやすいのか?
工作に対して構築は有利な立地だが、開幕、アンボイナ・ディリを強襲されるのは非常に怖い。

先のブレーメン決戦の時と同じく、戦力を【ジャワ海にするかパンダ海にするか】が勝敗を決めると言っても過言ではないだろう。
ヴェネ側の司令部封鎖部隊は間違いなくジャワ海のネデ司令を止めにかかるだろう。よって主力対人部隊及び封鎖解除艦隊が司令部解放を行えば、戦局は一気にネデ側に傾くものとおもわれる。
とにかく立地的条件はネデ側が完全に有利!
スラバヤ・ジャカルタと陥落を狙っていきたいものである!

とはいえ、ここまではあくまでこばと様が勝手に想像したネーデル軍の戦略であるww 見当違いも当然あるww

が!

独立部隊としてのこばと様の動きはネーデル軍がどう動こうとも変わらない!
攻めるのはクチン一択!

パンジェルマシンで待機して開幕司令を受けて一気にクチンへ!
まずは安全に砲撃できるだけの攻撃力を落とし、チクチクと防御を削っていくという1人でも出来るなんともみみっちい作戦である!ww
司令部からやや遠いため効率は当然悪いが、まぁ、牽制という事で勘弁してもらおうww

と、ここまで書いたところで大問題が発生した!
②垢の黒さんが東南アジアの入港許可がないというww というか、フラ国籍の黒さんは進言できないぞ?? なんでだ?? 入港許可がないから? アプグレしてないから? よくわからんが・・・進言しないと参加できないんだっけ? うーむ・・・日曜はなんとしてもぴかちゃんを拉致らんといかんなww これでは単騎駆けもできないではないかっっww

ちなみにこばと様は日曜だけの参戦となりそうです!
両陣営のみなさん、お互いがんばりましょー^^

★押してくれると嬉しいな★


スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

★ 初めての強運、だゾ ★ «  | BLOG TOP |  » ★ ロックオン! だゾ ★

プロフィール

タマゴ

Author:タマゴ
活動場所 B鯖 ヴェネチア
所属商会 ★たまご倶楽部★

冒険&収奪メインで航海中。最近は出番がめっきり少なくなってますww

最新記事

最新コメント

FC2ブログランキング

★ 押してくれると嬉しいな ★

FC2Blog Ranking

カテゴリ

未分類 (582)
こばと劇場 (692)
愉快な仲間達 (8)
★真桜日記★ (46)
寸劇 (21)
沈没船 (16)
動画 (3)
★聖地巡礼★ (25)
企画モノ (9)
★こば模擬★ (1)
★マル秘ノート★ (19)
★ナポリ陸戦練習会★ (1)
★ PT勝ち抜き戦 仕様 ★ (1)
★大海戦★ (13)
こみP (59)
★ 陸戦動画 ★ (3)
M・B戦略室 (2)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。