2017-07

★ こば兵衛の戦い、だゾ ★ - 2014.11.18 Tue

今日も今日とて……。

以下、続きから。

さて、まずは確認から。

北海・ユトランド決戦。
フランス・イング(攻撃) VS ネデ・イスパ・オスマン(防衛・ブレーメン)

北海ユトランド

決戦図がコチラ。北海に防衛4港。ユトランドに攻撃に4港。

以下、推測を踏まえての戦略考察となります。

まず敵側の主戦場(激戦区)はブレーメンとなるでしょうか?
決戦図からみても、防衛側は【守りにくく、攻めがたい】という立地なのかな?
北から侵攻を許し、東から海域を飛び越えて目の前に敵が現れてしまうのに対して、コチラの攻めは陸地による障害で敵艦隊と遭遇しやすく、工作は逃げ場が少ない。

そのため、勝敗の【条件】をどこに置くのか? で戦略は変わってくるものと思います。

①とにかく要塞を守り切りたい。
②要塞を一つでも落としてやる!
③戦功値での勝ちは譲れない!

①②なら判りやすい。が、③では多角度的な戦略が必要と思われます。

そして一番大事なのが自戦力の把握。

①主力対人部隊 ②主力工作部隊 ③主力封鎖部隊 
④一般参加者 ⑤独立遊撃隊

この主力部隊をどこまで揃えられるか? そして、

人数に関しては都合もあるので確定は出来ませんが、主力部隊を
防衛7 攻撃3 と戦力を割いて、

要塞攻撃の軸を独立遊撃部隊に・・・と言う【まずは要塞を守る】というプランかな?
攻撃対象はリューベックかコペンハーゲン。

全体図とタイムスケジュールとしては、開戦直後、ブレーメンを主戦場にして攻防が行われると思われます。主力部隊は当然ブレーメン死守。
その時、独立遊撃部隊は司令を受けた直後リューベックに工作投下、一斉砲撃を開始。

主戦場がどこか確定は出来ませんが、コチラの狙いは【まずはブレーメン死守】になります。

前回の海戦で得た一つの戦略。それは、

要塞を砲撃し続ける存在

にあると思います。
当然 5人×5艦隊 が理想ですが、さすがに人数的に無理がある。そこで大事になってくるのが、

4~5艦隊を編成する事

と思います。2人×5艦隊 でもいいのです。
砲撃すれば即座に敵艦隊にカットされるでしょう。その時、相手がガチの対人部隊ならそれに越したことはない。①艦隊がやられている間、他の味方が砲撃を続ければいい。やられても起き上がり、砲撃を仕掛け続ける。
そうやって敵の対人部隊・工作部隊を徐々に北海からユトランドに引きつけ、自軍はそれに乗じて攻められるならユトランドに移行していく。

独立遊撃部隊は死に隊です。
はっきり言って戦功も稼げず、ただ蹂躙されるのを目的とした部隊であると言っても過言ではないでしょう。
3時間、砲撃を繰り返し、やられても起き上がれる精神力が必須となってくると思います。

しかし、自らの血肉を仲間の為に捧げられる事に喜びを見いだせるなら・・・その価値は無限大!

見せ場としては乗り換え時かな?

開幕、小型での工作後砲撃→小型の終わる少し前に再び司令を受けてリューベックに待機。小型終了前に工作投下(狙いは防御低下と混乱)し中型に乗り換えて待機→中型開始直後に砲撃開始→(大型乗り換え時も同じ)

★人数確保が出来ればこの時主力部隊と連携して、司令封鎖などできればベストですが、連携が難しいとしても独立遊撃部隊の作戦に変更はない。あくまで独立傭兵部隊は相手の注意を北海から離す事と、主力部隊のサポート・自軍要塞の死守の一環。

★独立遊撃部隊がリューベックを攻めている間【一般参加者】の皆さんに【リューベックの防御低下】を呼びかけてもらえるといいかな?(あくまで呼びかけるだけで期待値は0と仮定)

総括として、

自軍要塞の死守を第一プランに置き、独立遊撃部隊による奇襲作戦になるかな?

独立遊撃部隊員は最低でも10名は欲しいところ。
継続して砲撃を続ける艦隊と、人数が足りれば随時防御を落としてくれる艦隊がいれば砲撃部隊のモチベも維持できるか? 

とはいえ、実際の戦いはこのようにはいかないでしょうし、あくまで参考までに^^

★押してたくれると嬉しいな★


・追記考察・

なるほど、相手側の狙いはヘンデル・アントワープですか。

対案としての封鎖艦隊の派遣はいいと思います^^ その分、遊撃隊の砲撃も実を結びやすいですし、注意をユトランドに惹きつける意味合いもありますね^^

注意すべきはその間にしっかり北海を守れるか?

ここでしょうか?

また水曜の会議にて戦略は決まると思いますし、こばと案・対案は今はあくまで選択肢の一つということですが、主力部隊の編成などもその時に行われるのでしょうか?
人員の確保・編成の優先順位はあくまで主力部隊に割いてもらって、遊撃隊の確保はその次ということで^^
遊撃隊は当然多ければそれに越したことはありませんが、最悪二人でも砲撃はできる!

この戦い、主戦場が北海になるか? ユトランドにできるか? がかなり大きなキーになると思いますので、どこまで独立傭兵部隊がプレッシャーをかけ続けられるか?

まずは会議での方向性と、当日の人材確保の把握でしょうか^^


・追記その2・

昨日はお疲れ様でした^^
見事な司会っぷり^^

さて、昨日のみなさんの話し合い、その後の茶室での話し合いを総括して、いくつか修正した方がいいのでは? と思った事を追記させて頂きます^^

まず、独立攻撃部隊についてですが、私の考えでは、

志願者を一つのチームとして(茶室を用いて)動く・・・編成に置いても志願者から割り振り、行動指針を統一するというものだったのですが、いささか無理があるのかなぁと^^


★一部記事を削除しています。


①北海防衛
②コペンへの砲撃

という戦略には変わりありませんが【攻撃部隊の志願者】はそれぞれの各隊があればそれをベースにしてもらって、細かな判断は各隊に一任、その上で【こばと隊】が結成できるのなら、こばと隊は砲撃特化とする、というように、

攻撃隊という括り(茶室はあった方がいいと思う)は設けても、行動判断はお任せするべきだな、と^^
拙い連携・意識統一は諍いのタネにもなりますし、遺恨を残すこともあろうかと^^

また、攻撃隊を編成するにあたっても、構築隊の方から見れば【戦力を分散されられた】と判断する場合はありますし(攻撃することで構築隊をサポートするという意味が私の中ではあるのですが、人員だけみればやはり人手は減りますし^-^:)やはり私の目指す独立部隊は【私が私個人として結成しないと】本来の意味は持ち合わせられないのか、とも思いました^^

この辺りがいつも単独で動いていた私には配慮の届かぬところでした^-^:

また砲撃特化するに当たっても【ある程度要塞攻撃力を落とさないと】小型では沈む・・・という意見から、小型開幕に防御を削って砲撃を開始するというプランも現実味に欠けたのかな、と^^

これはちとやってみないと判らないこともありますが、
開幕防御・攻撃力と一度投下しその後砲撃→耐えられるならそのまま、無理なら再び司令を受けて攻撃力の低下をまず狙う、にしないといけなさそうですかね^^

以上を踏まえ、

攻撃隊志願者さんは、チームがすでにあるならそのチーム優先・欠員がありそのチームに入れる人は入ってもらうという編成を軸に、コペンを狙う という基本戦略だけを持って各自の判断で動き、

それでもまだ人員が余るようなら、そして細かい事は抜きにして3時間砲撃してやらぁ! という意思を持った方がいらっしゃいましたらこばと隊として動くのがいいのではないだろうか? と思いました^^

実際、そういう方がいないようでしたらこばとは支援組みとして動くのも視野にいれております^^ もしくはユトランド司令に待機し、敵の妨害隊がいるかいないかの連絡係りでも^^

さすがに細かな作戦を打ち明け大々的に募集告知できないのでwwニュアンスは伝わりにくいですし、それを踏まえてもらわないと【砲撃だけ死んでくれ】とはさすがに言いにくいですしね^-^:

あとは志願者以外の方・一般参加者さんの中で、どれだけの未知ななる戦力がコペン攻撃に参加するのか? にもよると思いますが、未知数な戦力は戦力にならず、と考えますので、当日の編成によって臨機応変にできたらいいな、と考えております^^

・追記3・

初日お疲れ様でした^^
厳しい戦いとなってしまいました^-^:

以下、初日を振り返り、私個人からみた感想を^^ 現実的に無理があった、それは素人の、フリーで動いている者の机上の空論だ! という意見は覚悟の上で、いささか厳しいところもあると思いますが、ご了承ください。

まず戦略について、北海防衛、コペンの強襲というプランでしたが、コペンに強襲した部隊はいたのか?

いいえ、皆無です。

こばと・メロディと工作を仕掛け混乱に陥れ、砲撃を開始しても誰もいない・・・基本砲撃はこばとだけなので、まるで意味のないただの自殺行為^-^:
コペン強襲に賛同したはずの部隊はどこいった? そして一般参加者は? そして一般参加者はコペン強襲を知っているのか?(私の知る限り、コペン強襲のワー茶は流れていない)

戦う前から防衛ムード(狙いは防衛であったとしても、それだけでは守りきれないという判断からの強襲ではなかったのか?)で、これは結果論ですが、全勢力を防衛に回したとしても結果は・・・でした。

もちろん、全勢力を防衛に回していたため、中盤持ちこたえられる場面はあったともいます。それは相手にとってはかなり厳しいものであったと思われる。
しかしそれは、

檻の中の子猫をいたぶり殺すようなもの

であり、なんの危機感もなく、いずれ子猫は殺される事でしょう。しかし・・・もしその子猫が致死性の毒を隠し持っているとしたら? ひと掻きされたら死んでしまうかもしれない・・・その危機感が攻撃の手を鈍らせる・・・この作戦はまさにそこにあったのだが、最後までその毒を見せる事は出来ませんでした。

中型から○○さんと艦隊を組み、小型から初めて3時間コペンに張り付いて工作・砲撃を仕掛け続けるも、この3時間でコペンに入っていく工作隊は2度・3度・・・砲撃もしてくれた隊はありましたが、私の確認では3度(気持ち撃ってどこかに行ってしまいました)。

○○さんとのやり取りの中で、
コペンのブルーゾーンから目の前に敵がいて、動けずにスイマセン・・・と言う私に、

【この目的は敵の引きつけですよね? もうそれだけで役割は果たしています^^】

と仰って下さったのは私の中では唯一の光明ではありました^^ 判ってくれている人がいる、と!^^

また、防衛に徹していたとはいえ、ユトランド司令回りはほぼ安全(①艦隊が見回りをしていましたが)で、間隙を縫って一度も捕まることなく工作はできました。
やはりコペン工作部隊は欲しかった・・・と思いたいところ^-^:

また、工作に関して、
要塞攻撃力がマックスの場合、

小型ガンボで一発喰らって死ぬ確率80% 将官コルヴェでほぼ100%(耐久900↑の船なら耐えられる) サーヴェイフリゲートでは耐えられる

ことから、要塞攻撃力は10%でも落とせば十分と判断いたしました(板は錬成鉄板)
そして、砲撃隊の数にもよるのですが、まずは攻撃力を10%落とし、防御もある程度削るまで工作を繰り返した後に砲撃がやはりいいものと思われます。
★ちなみに防御マックスの要塞に対して1人で砲撃していても、目で判るように耐久ゲージは減っていきます!(本当にちょっとずつですが)

今回、こばと・○○さんの2人でのコペン強襲でしたが、無理な砲撃はせず少し工作を繰り返しても良かったのかな? とここは反省点でありました^^

以上、指揮官の苦労も知らず好き勝手書いて申し訳ない^-^:
昨日の初日を終え、やはり既存の勢力から独立部隊の編成は無理なものと思い至りました。
今回もし、攻撃隊に人員を派遣し、結果が同じならおそらく【だから構築に回せばよかったのに】という意見が多く出た事でしょう。そういう意味からも、全勢力を構築に回しても結果が変わらなかった・・・というのは、私の中ではある意味救いではあります。

集められる戦力10から人員を貰うのではなく、あくまで戦力10に乗っかるα隊の設立こそが私のやるべき事・やりたい事だと再確認しました^^

土曜・日曜と厳しい戦いは続くと思います。日曜はまた参加させて頂きますので、最後まで頑張りましょう!^^

・追記4・

2日目、CLしながら複垢を出してワー茶を気にしつつww

敵兵力に対して手が足りない・・・まったくその通り。ゆえに、これはもう考えても仕方ない!
断片的なワー茶でのやりとりしか判りませんが、ユトランド方面へ侵攻したことにより少なからず攻撃の手を緩める事が出来ていたのではないか? と推測いたしました。

また、コメントにあった作戦ですが、最終日、こばとはぴっかーる・アークレスの力を借りての砲撃隊志願であります!
記事にも書きましたが、攻撃マックス状態では砲撃で一撃死してしまうため、

粘着油+強力粘着油+大蜘蛛の油

にて攻撃力弱体コンボをしょっぱなかましてみようかと思ってます^^(成功するかは微妙ですが)
その後、状況によって

仕込み+轟音+榴弾

にて防御を削り砲撃をしてみようかと^^
まずは継続して砲撃を続けられる攻撃力の弱体(10%でかまわない)を狙い、コペン=司令 の往復が容易いのなら工作にて防御を削る・・・だけでも相手の注意を引きつけられると思います。

圧倒的戦力差を考えるに、

イザ部隊こば部隊の2艦隊に対して、相手の1艦隊だけを引きつけるのでは戦力としての±が-になってしまいますが、これを呼び水にして相手を引っ張ってこられれば・・・

イザさんは全体の指揮があるでしょうから、囮になり続けるのはどうか・・・とも思いますが・・・最終日はこばと・ぴか・アークの部隊としてまずは相手を牽制し、イザ艦隊の動きがあればそれに合わせていこうかと思います^^

初日より2日目、2日目より最終日・・・と戦局はひっくり返せなくても、我々の力を見せつけてやりましょう!

スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

★ 方向転換しながら錬成修行、だゾ ★ «  | BLOG TOP |  » ★ ゲイ術は爆発だ! だゾ ★

プロフィール

タマゴ

Author:タマゴ
活動場所 B鯖 ヴェネチア
所属商会 ★たまご倶楽部★

冒険&収奪メインで航海中。最近は出番がめっきり少なくなってますww

最新記事

最新コメント

FC2ブログランキング

★ 押してくれると嬉しいな ★

FC2Blog Ranking

カテゴリ

未分類 (564)
こばと劇場 (692)
愉快な仲間達 (8)
★真桜日記★ (46)
寸劇 (21)
沈没船 (16)
動画 (3)
★聖地巡礼★ (25)
企画モノ (9)
★こば模擬★ (1)
★マル秘ノート★ (19)
★ナポリ陸戦練習会★ (1)
★ PT勝ち抜き戦 仕様 ★ (1)
★大海戦★ (13)
こみP (47)
★ 陸戦動画 ★ (3)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター