2017-06

★ 真桜ちゃんの日常Ⅵ だゾ ★ - 2014.05.26 Mon


今日も今日とて……。

1.jpg

ガーネットにとって、それは俄かには信じられないことであった。しかし、目の前の光景は紛れもない事実。さらに、

顧 「何も特別なことはしていない。真桜殿はこれと同じものを道具屋に卸しているそうじゃないか。道具屋の主人が教えてくれたよ。こんな大切な日を控えていても、真桜殿は依頼をキャンセルすることもなく自分の無理な注文をこなしてくれた、とね」

 自分の全身全霊を賭けた仕事が、真桜ちゃんにとってはいつもと変わらない仕事と同じだというのか。ダガーを手に取り、ガーネットは改めて一人の鍛冶師としての目でその出来を確認した。
 一見どこにでもある普通のダガーだ。しかし、強度・重量・扱いやすさ・・・そのどれもが黄金比で計られたかのごとく完璧なまでの仕上がり。
 
顧 「正直、私も信じられなかったがね・・・実際に手に取ってみて納得したよ」

 兵士の命を救ってくれたあの時、その場に居合わせた誰もが真桜ちゃんの作業に気を取られ、その事に気が付いていた者はいなかった。
 
 少女の力で鎧を切り裂いていくダガーの切れ味の鋭さに。

顧 「改めて言おう。君や真桜殿の鍛冶師としての腕は間違いなく一流だ。だが、真桜殿には君にはないもう一つの素質をもっている」
ガ 「そ、それは・・・?」
顧 「心を打つのだよ。真桜殿の創り上げるモノは鉄を打つだけでなく、人の心を打ち震わせる。宮廷の外に出れば君も判るだろう。道具屋、魚屋、庭師・・・それだけじゃない、真桜殿と関わりのある者達が、この小さな少女が宮廷鍛冶師になったことを喜ぼうと集まっている光景を見れば」

 鍛冶師として誰にも負けたくなかった。
 父を超え、工房を大きくし、名声を得たかった。すべては自分自身の為に。だが、この少女はいつでも誰かの為にその腕を振るってきた。その想い一つが、創り上げたモノに不可視のチカラを与えているのだとすれば、

ままま

 いや、そもそも自分は鍛冶師として同じ土俵にすら立ててはいなかったのかもしれない。不思議と悔しさはない。ただあるのは、自分はまだ鍛冶師としてもっと成長できるという喜び。そして、自分もこの少女と同じように人の心を打つ鍛冶師になれたとき、改めて宮廷鍛冶師として選ばれたいという欲求であった。

ガ 「枢機卿・・お願いがあります」
枢 「?」
ガ 「どうか真桜殿を宮廷付鍛冶師として任命してくださいますようお願い申し上げます」

 そう言ってガーネットが深々と頭を下げ、二人の鍛冶勝負の行方は幕を下ろしたのであった。


スポンサーサイト

★ 真桜ちゃんの日常Ⅴ だゾ ★ - 2014.05.24 Sat


今日も今日とて……。


41.jpg


 真桜ちゃんが王宮に付いた時、タベラ枢機卿も宮廷鍛冶師長もガーネットもすでに謁見の間にて待機していた。

真 「あの・・・本当にすいません・・・」
ガ 「貴様・・・今日がどれだけ特別な日か判っているのか!」

 振り向き苛立たしげにそう吐き捨てたガーネットは、真桜ちゃんの姿に一瞬驚いた表情を見せ、それからすぐに怪訝な視線を向けた。

ガ 「なんだお前・・・? 人殺しでもしてきたか?」
真 「あの・・・いえ・・・これはちょっと・・・」

 ガーネットの言葉に真桜ちゃんは恥ずかしそうに俯いた。
 汗と血で汚れた姿からそう思われても仕方ない。が、着替えに戻る時間もなく、結局非礼は承知でこのまま来てしまった。

枢 「まぁ、何があったかは知らぬが双方揃ったのならさっそく始めようではないか。まずはガーネットの用意したモノを見せてもらおうか」
ガ 「承知しました」

 頷き、ガーネットがそばに置いてあった桐の箱を開ける。そこに入っていたのは一振りの剣であった。剣を受け取った師長が装飾の施された鞘から刀身を抜き、その場にいた者すべてが息をのんだ。
 その極限にまで鍛錬された刀身は、伝説の名剣と言われるエクスカリバーにも匹敵するのではないかという輝きを放っている。おそらく三日三晩休むことなく、ただの一度のミスも許されない極限の鍛錬を続けてきたのだろう。それだけでガーネットがこの勝負に賭ける意気込みを感じさせた。

枢 「素晴らしい・・・素晴らしい出来栄えだ」
ガ 「お褒めに預かり光栄です」

 そういって振り返ったガーネットが、勝利を確信した笑みを真桜ちゃんに向けた。

42.jpg


枢 「それでは真桜よ。次はそなたの番だ」
真 「は、はい!」

 枢機卿に促され、真桜ちゃんが用意したモノを差し出す。
 それは、真新しい鮮血の跡が残る、一本のダガーであった。


★ 真桜ちゃんの日常Ⅳ だゾ ★ - 2014.05.18 Sun


 今日も今日とて……。

 チチチチチッ・・・
 チュンチュンチュン・・・・

 日が昇り始めると同時に外は明るさを増し、小鳥たちのおはようの囀りを聞きながら真桜ちゃんは最後の手を止めた。それから大きく息を吐き出し、

完成


 仕事の完了を告げた。

真 「なんとか間に合った^^」

 この三日間、付きっきりだった仕事を無事に終えられた安心感と充実感。工房内には道具屋に頼まれていた50のダガーと、宮廷付鍛冶師になるための勝負につかう武器が並べられている。と、

タ 「真桜ちゃん、入っていい?」
真 「タマゴさん! どうぞ^^」

 真桜ちゃんが仕事に取り掛かると同時にタマゴも出掛けていたのだが、ちょうど帰ってきたようだ。ドアを開け、それから手にしていたカップを真桜ちゃんに差し出す。真桜ちゃんの好きなインドの紅茶だ。

タ 「道具屋の仕事は終わったみたいだね」
真 「はい^^」
タ 「で、宮廷に持っていく物は?」
真 「あ、コレなんです^^」

 そう言って差し出すと、それを手にしたタマゴがやや驚いたような表情を見せる。

タ 「宮廷付鍛冶師になれるかどうかって勝負になんというか・・・また真桜ちゃんらしいモノを作ったねぇ」
真 「^-^」

 しかし、それが今の真桜ちゃんに出来る最高の・・・そして自分を示す最大限の一品なのであった。


★ 真桜ちゃんの日常Ⅲ だゾ ★ - 2014.05.14 Wed


今日も今日とて……。


 突如として現れたガーネットは、真桜ちゃんに向けた険しい視線をおさめ、タベラ枢機卿に向かって恭しく頭を下げた。危険はないと察したのかタベラ枢機卿も駆け寄ろうとする衛兵を手で制している。

ガ 「厳粛なる王宮にて声を荒げた事、まずはお詫び申し上げる」

 本来なら即刻衛兵に抑えつられてもおかしくない振る舞いであるが、その状況を逃れられたのは王宮への出入りも多く鍛冶師としての信頼を得ているからか。

枢 「して、いかなる用かな? 今我々はこの者と大事な話をしている最中なのだが」
ガ 「お聞きしたいのはそのことです! 今しがた依頼の品を届けに上がった際、私は耳を疑う話を聞きました。聞けば、師長推薦により、この者を宮廷付鍛冶師として迎え入れる、と! しかも後の鍛冶師長のポストまで与えるおつもりだとか!」

 話の核に自分がいるのは間違いない。が、望んでここにいるわけでもないのに何とも居心地の悪さを真桜ちゃんは感じていた。ガーネットが真桜ちゃんに与えられた話を快く思っていないのはその態度から疑う余地はない。
 とはいえ、真桜ちゃんにもガーネットの気持ちは理解できた。
 代々イスパニアの為に尽力してきた名門鍛冶工房の者にとって、なんの実績もない小娘が宮廷付鍛冶師として迎え入れられ、しかも師長のポストまで用意されていると聞けば面白くはないだろう。

枢 「真実だとしたら?」
ガ 「納得できません!」

 穏やかに肯定する枢機卿に、ガーネットがすかさず反論する。一国のトップに対して決して引かないこの激情。それだけ真桜ちゃんの存在がガーネットにとって好まざるということでもある。

かえりたい

 困ったように立ち尽くすしかない真桜ちゃんであったが・・・・



★ 真桜ちゃんの日常Ⅱ だゾ ★ - 2014.05.12 Mon


今日も今日とて……。

真桜ちゃんがセビリア王宮に付いたのは、急ぎ準備をするからと使者に告げてから一時間後のことだった。その間、鼓動が早鐘のように鳴り響き一向に止もうとしない。
なぜ自分がタベラ枢機卿から呼び出しなど受けたのだろう・・・?

まさか


 タマゴやこばとの身の回りの世話ばかりしているイメージの強い真桜ちゃんではあるが、これでも立派なイスパニアに籍を置く航海者である。
 ちなみに双子でありながら真桜ちゃんとこばとで国籍が違うのは、言うまでもなくタマゴの差し金である。二人の身分証をどこからともなく調達しポルトガル・イスパニアの航海者として登録し、

タ 「これで相場のいい所で南蛮品を捌けるぜ! ウシシシシ」

 との事らしいが【そんなこと言ったところで、船長は南蛮なんてできないじゃないですか・・・】と冷静にピエール君に突っ込まれたのは言うまでもない。

 とまぁ、そんなわけで真桜ちゃんも晴れてイスパニア航海者になった次第である。
 そんな真桜ちゃん、イスパニアの恩恵は色々なところで受けてはいるものの、常日頃からタマゴやこばとの世話をしているため忙しく、イスパニアの為に大きな貢献をしたことは一度もない。

真 「航海者としての責務を果たしてないから怒られちぉうのかな^-^:」


通る


 心配の尽きない真桜ちゃんであるが・・・ここまで来たら迷っても仕方ない。勇気を出して王宮へと入っていくのであった。


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

タマゴ

Author:タマゴ
活動場所 B鯖 ヴェネチア
所属商会 ★たまご倶楽部★

冒険&収奪メインで航海中。最近は出番がめっきり少なくなってますww

最新記事

最新コメント

FC2ブログランキング

★ 押してくれると嬉しいな ★

FC2Blog Ranking

カテゴリ

未分類 (564)
こばと劇場 (692)
愉快な仲間達 (8)
★真桜日記★ (46)
寸劇 (21)
沈没船 (16)
動画 (3)
★聖地巡礼★ (25)
企画モノ (9)
★こば模擬★ (1)
★マル秘ノート★ (19)
★ナポリ陸戦練習会★ (1)
★ PT勝ち抜き戦 仕様 ★ (1)
★大海戦★ (13)
こみP (36)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター